溝の口駅の裏側矯正なら神保矯正歯科トップページ>矯正治療について>大人の矯正治療について

矯正治療について
矯正治療の種類について | 子供の矯正治療について | 大人の矯正治療(成人矯正治療)について | 裏側矯正について | 矯正装置について
大人の矯正治療(成人矯正治療)について
本格矯正治療・成人矯正治療

※子供の準備矯正治療が終わったひとは第二期矯正治療と呼びます。

対象は学童期以降〜成人。年齢を問わず、すべて大人の歯(永久歯)に萌え変わった人の治療方法です。基本的に永久歯全てに装置を装着します。

矯正治療は健康な歯と、周囲の組織が健全な方なら大人になってからでも簡単に治せます。

大人になってからの矯正は、ご自分の希望と強い意志でスタートするため、お口の中の清掃も自発的にしていただけるため虫歯や歯周病にも比較的なりにくいメリットがあります。

また長いあいだ歯並びの悪さで生活に不便を感じていたりコンプレックスを持ち続けていた方が多いため、治療終了の喜びはかけがえのないものとなります。

神保矯正歯科は目立ちにくい装置もたくさんご用意していますので、ぜひご自分のライフスタイルにあった治療方法で、楽しみながら矯正治療時間をお過ごし下さい。

大人の矯正治療(成人矯正治療)について
部分的矯正治療

部分的矯正治療とは、1〜2本の歯のみ、または上下どちらかのみの全体の歯の移動をする矯正治療です。

大人の矯正治療  不正咬合タイプ別治療方法

叢生(そうせい)

大人

症状

一般的に乱ぐい歯といいます。歯と歯が重なり合って生えたり、八重歯のように歯が高いところにあったり内側に倒れていたりとか、色々な形があります。顎が小さくなっている現代人に多い不正咬合です。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

叢生治療前叢生治療中叢生治療後

上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)

子供

症状

一般的に出っ歯と言います。上の前歯が下の前歯より前に出ていることを言います。前歯の傾きに原因があるタイプ、顎の大きさに原因があるタイプなど様々です。

治療例 ケース1

治療前と治療中、治療後のイメージ

上顎前突症治療前上顎前突症治療中上顎前突症治療後

治療例 ケース2

治療前と治療中、治療後のイメージ

上顎前突症治療前上顎前突症治療中上顎前突症治療後

下顎前突症(かがくぜんとつしょう)

子供

症状

一般的に反対咬合・受け口と言います。下の前歯が上の前歯より前に出ている状態。顎の関節に障害が起きやすいこともあります。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

下顎前突症治療前下顎前突症治療中下顎前突症治療後

過蓋咬合(かがいこうごう)

子供

症状

上と下の前歯が3ミリ以上深く被さった咬みあわせになっていることをいいます。下の前歯が強く削れていたり、顎の動きを制限し下顎の成長を抑制している場合があります。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

過蓋咬合治療前過蓋咬合治療中過蓋咬合治療後

開咬(かいこう)

子供

症状

普通に噛んでも奥歯が数本噛むだけで、上の前歯と下の前歯が上下に噛んでいないことを言います。指しゃぶりや爪噛みの癖が長かった人、鼻炎や扁桃腺が大きくてお鼻の通りが悪く、いつも口呼吸している人などに現れます。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

開咬治療前開咬治療中開咬治療後

空隙歯列(くうげきしれつ)

子供

症状

歯と歯の間に隙間があることを言います。

治療例

治療前と治療中、治療後のイメージ

空隙歯列治療前空隙歯列治療中空隙歯列治療後

ページトップへ