歯が入る隙間がない!part2

も咲き始め いよいよ本格的な春到来ですね

この時期 暖かい季節を迎えて お出かけしやすくなるせいか

何か新しいことをやってみたい気分になりますよね。

矯正にご興味があるかたがよくご相談にいらっしゃるのもこの季節です。

密かに悩まれている方は多いので 少しでも励みになったらいいなと

治療のお写真を続けますね

part 1からの続き~

第二期治療の開始!

<治療前>

かなり目立つ犬歯ですが 患者様のお顔や口元から抜歯は避けたいケースでした。

この友人(=母)は昔々からのお友達なので そのまたお母さんもよく存じ上げていて

3代続いての美形ファミリー脈々と美女の血が受け継がれているわけで

私の治療でその美しさを損なうわけには絶対いけないわ~!

とメラメラ燃えておりました

そこで 歯を抜かない治療スタート!

となって

<治療後>

これでまた 一人の美女が救われた・・ なんちゃって(笑)

治療方針には個人差がありますので

全ての方に歯を抜かないで治療ができる訳ではありませんが

その方にとって ベストの治療方針を考えていきますので

ご要望は遠慮なく おっしゃってくださいね!

溝の口 神保矯正歯科

Kさん♡ありがとう!

春は別れと出会いの季節とは言いますが

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが

当院にも寂しい。。けどとても嬉しいご報告があります。

この3月末で 当院ご自慢の受付嬢Kさんが

このたびご懐妊し退職することとなりました

早いものでKさんが勤め始めてから4年が過ぎました。

華のような美貌と華奢な外見もさることながら

体育会系の無駄のない俊敏な動きと聡明さで

すぐに仕事をマスターし 更には自分でより良い方法を考えて発揮してくれるので

何時の間にか 私達も全幅の信頼を置き kさんがいないと心許ない・・なんて思うようになっていました。

患者様にも持ち前の優しさと気配りで すぐに溶け込み

受付でKさんと話したくて順番待ちができるような

あっという間に周りの人をファンにしてしまう稀有な存在でした。

本当に寂しいですが Kさんには新しく迎えるご家族のために身体を大切にして欲しいと思い

笑顔で送り出そうと思います

そして すでにニューフェイスの受付A嬢が頑張っております!

まだ勤め始めて1ヶ月弱ですが 彼女も真面目な仕事ぶりで

グングン吸収し その上達ぶりに 日々私達も感心しております。

新しいメンバーとともに スタッフ一丸となって頑張ってまいりますので

皆様 温かい目で見守っていただけますと幸いです。

 

溝の口 神保矯正歯科

 

 

 

 

 

 

歯が入る隙間がない!part 1

前回 「明けましておめでとうございます~」 なんて呑気なブログをアップしてから

はや二ヶ月。時はすでに卒業式シーズンに入っているじゃありませんか

イベントが多いこの季節は 患者様の予約動向にも不思議な変化があり

穏やかな時間が流れる平日午前に学生さんがいたり

猫の手も借りたい時間帯がガラガラだったりと

私たちも???となっていることが多い日々が続いております。

近日中のご予約が取りにくかった患者様も この時期はチャンスタイムかもしれません。

是非ご予約のお電話入れてみてくださいね

さて 先日写真整理してましたら 年末に治療が終わった患者様のお写真がでてきました。

確か他の歯医者さんで「歯が入る隙間がないって言われたの~~。どーにかして~

とお母さん(=友人)が言ってたなあと懐かしく思い出しました。

せっかくなのでアップしようと思います。

<治療前>

前歯は揃っているし、 よもや自分の子の歯に問題があるなんて まったく思っていなかったそうです。ところが

左は上顎の写真。矢印のところに3番目の歯=犬歯が入る場所が足りないんですね。

特に左のほうは1ミリくらいしか隙間なし。右側もこれだけじゃ足りません。

そこで第一期治療

顎を拡げる「拡大床(かくだいしょう)」で治療してみました。

お母さんの要望は「とにかく外せる装置!」ということでしたので

今回は自分で取り外し可能な装置です。

でもね、これってお子さんが何時でも何処でもキッチリできる子じゃなければ

お勧めしません「うちの子は無理そう・・」と思うお子様には

固定式タイプの装置を選択することをお勧めします!壊しさえしなければ

勝手に治療が進んでいきますからね

このお子様の場合も 時々本人が嫌がり 大バトルしながら付けさせたそうです

そして

本人の努力の甲斐あって3番目の歯が入る隙間がだいぶ出てきました。右側は完全に3番が収まっていますね。

ところが

3番目の歯がやや斜めにだいぶ外側から顔をだしてきたじゃありませんか

しばらくすると その形ははっきりと・・・!

せっかく出来た隙間も3番目の歯のせいで少し閉じてきています。

「せんせい・・この歯、ほんとに治るの・・・?

患者さんの不安はピークでもまっかせなさーいい

と 第二期治療に進むのであった

溝の口 神保矯正歯科