第75回東京矯正歯科学会学術大会に参加しました。

7月の恒例 東京矯正歯科学会学術大会に参加してまいりました。

今回の学術発表は 学童期の鼻腔通気障害の及ぼす影響や矯正力負荷による痛みの発生メカニズムと持続期間など色々興味深いテーマがありました。 診療上リアルに感じている事の裏付けになる内容が多かった気がします。大臼歯の萌出不全と副甲状腺ホルモンの遺伝子異常の報告もあり、一口腔単位で診断するのではなく全身疾患との関連性を疑う目を養うことの重要性も考えさせられました。

友達とも密度の濃い~近況報告を済ませ、充実した一日でした

溝の口 神保矯正歯科